同期だより



日時 2022年12月3日 新宿 無門にて。

10名の参加がありました。
皆さん高校時代と変わらない元気さです。
古希を迎える世代ですが、人生これからの新たなチャレンジの世代です。
post by ホームページ管理 | コメント(0)
2022年(令和4年)11月吉日  


ふと 気がついたら 子供の頃に歌った唱歌 故郷(ふるさと)を口ずさんでいることがあります。  皆さんは どうですか。
♫ 兎追いし かの山   小鮒釣りし かの川 ♫
 
そして クラス会の便りに触れると すぐに思い浮かべるのは
♫ いかにいます 父 母  恙なきや 友がき ♫  のことです。
 
 
「もう一つのクラス会」=近況報告に多くの方が参加していただきました。ご協力に感謝いたします。
皆さんからのメッセージ一覧表を同封しましたので、ゆっくり、じっくり目を通して下さい。
 
したたかに変異を繰り返し、世界中の人々を恐怖と大混乱に陥れているウイルスですが、
 
これは、霊長類最強と豪語してきた人類への警鐘なのでしょうか。
それとも、生き抜くには変化することの大切さを教えているのでしょうか。
 
かつて 人生五十年と言われていましたが 今や 人生百年の時代。
誰もが百歳生きる時代に入っています。 
 
いかに生きるか。私達も変化を繰り返さなければならないのでしょうか。
 
頑固を貫くか。  それとも素直になるか。
 
変えて良いものは何か。 そして 変えてはならないものは何か。   
それが問題ですね。   とにかく 心安らかな毎日を過ごしたいものです。
 
来年はクラス会が開催でき、皆様にとって、もっともっと明るいニュースや楽しいことがいっぱいあることを願っています。

 
世話人  藤岡 藤村 三原 六反田 高田 武田
post by ホームページ管理 | コメント(0)
【高17期】いいな会
第13回同窓会のご報告
 
日時:2022年10月26日(水)13:00~16:00
場所:ホテルグランヴィア大阪 20階 名庭「なにわ A」
参加:47名

 
 四年ぶりの同窓会をコロナ感染症第7波終息の兆しが少し見られる中、開催!
未だに色々な規制が行われていますが、同期の仲間との久しぶりの会食・歓談の楽しみがコロナの恐怖に勝ったのでしょうか?
 
開催ホテル宴会場では以下の自主規制が。
  1. 着席会食120人の部屋を半分の60人とし、卓間隔は2m以上
  2. 食事以外はマスク着用(ハンドマスクの準備)
  3. 飲物を含むすべてのサービスはホテルスタッフが行う(客間は不可)
  4. 等々、厳格に行われていました。
 
初参加の仲間もおられ、自己紹介や近況報告に花が咲き、楽しいひと時を過ごせました。
同ホテル内別室での二次会にも24名の参加を数え、三次会へ繰り出された面々も?
 
数え年77歳【 喜寿 】を迎えましたが次回第14回同窓会は2025年大阪万博開催時に【 傘寿 】で皆様と元気に再会出ますことをお祈りしています。
 
計画・運営は受付(野田進、葛和廣、仲谷規美代、水嶋淑子)、司会進行(小西正和)、記録係(石原一成)、会計(仲谷規美代)他の協力で行いました。
安井賢治記
[続きを読む]
post by ホームページ管理 | コメント(1)
関東の方はぜひご参加お待ちしております。
 
開 催 日 時 2022年12月3日(土) 正午~
開 催 場 所 歌舞伎町 いけす無門
問い合わせ 西村俊樹
E-mail:tnishimura2000☆gmail.com
 ※ 迷惑メール対策のため☆を@に変更してご利用ください。
post by ホームページ管理 | コメント(0)
2022年 令和4年10月吉日

◇今年のクラス会について
 
1 会食を伴う会合は、今年も中止いたします。
2 近況報告(友人へのメッセージ)の交換は実施します。

 今年こそ開催できることを期待して、卒業後60年の節目でもあり都心から離れた会場や、デジタル技術を使ったリモートクラス会の試みなどを種々検討しましたが残念な結果になりました。
 
 
猛威をふるったコロナウイルスも最近は収まる兆しは見えますが、終息までには程遠い状況です。そして第8波の襲来や今年はインフルエンザとの同時流行が懸念されなど、依然として私達高齢者にとっては非常に厳しい状況であることに変わりません。
 
◇近況報告について
 
 2013年にクラス会を再開して以来、毎年欠かさず続けてきた仲間の近況を知らせ合う“もう一つのクラス会”です。
 全員が、自宅からでも気楽に参加できるメッセージの交換です。
 多くの友が大変に楽しみしておられます。  
 ぜひ、一言お願いいたします。
 
回答は11月10日(木)までにお願いします。
皆さんのお便りをまとめて後日、お送りいたします。

 私たちは、これほど長い間にわたり、日常生活で生命の危険と隣り合わせで過ごしたことはありません。
 どうかご家族の皆さんを含めて、くれぐれもご健康にご留意ください。
以 上
 
“世界一 教養が身につくクラス会”を目指す〈世話人一同〉
藤岡 靖夫  藤村 義邦  三原 秀元  六反田陽治 
高田 勝子  武田真智子
post by ホームページ管理 | コメント(0)
今年11月に予定しておりました同窓会は、新型コロナウィルスのため、2023年11月に延期することになりました。
post by ホームページ管理 | コメント(0)
級友の皆様へ
 こんなに長い間、衛生面で細心の注意を払い、うつらない・うつさないように全神経をすり減らし、旅行や外食をグッと我慢してきたのに、コロナ感染症は一向に収まる気配はありません。
 
 しかも、みんなが問題ないと思われる行動をしているのに消費不振で経済に悪影響が及ぶなど、想定外のことが次々と起って もどかしい思いです。
 
 そんな中、クラス会の開催に代えて皆さんから寄せられた近況報告(メッセージ)には、毎年のことながら大変に元気づけられます。
 
◇工夫して在宅を楽しむ人◇制約の中で付合いを欠かさない人◇感動や感激体験談◇アフターコロナ計画で頭が一杯の人◇友への思い感謝や激励、再会等々 
 
 お便りから一人一人のお人柄が伝わってきて、まさに一服の清涼剤をはるかに凌ぐほどの爽やかで、心が和む気持ちにさせてもらえます。
 
 静養中の人を含めて ご協力 誠に有難うございます。
 
~これからも「世界で一番教養が身につくクラス会」を目指すにあたって~
 
 デジタル社会となり、個人に関する大切なものはパスワードを登録して保存するのが当たり前の時代になりました。もっとも、忘れたり、間違えると厄介なことになりますが…。
 
 ところで教養・見識・大局観・心の豊かさなどは、学問やいろいろな体験によって身についた大切な個人の財産です。しかも、この財産はいつでもどこでもパスワードなしで活用できるから便利です。使い勝手の良いものは、今からでもドンドン蓄えていきたいものです。
 
 来年はきっとお会い出来ることを願っています。
 
世話人  藤岡 藤村 三原 六反田 高田 武田
post by ホームページ管理 | コメント(0)
 いまだに外出する時マスクを忘れ、慌てて取りに戻ることがあります。
 出先では消毒の機会が増えて手指の肌の荒れが気になりますが皆さまはいかがですか。
 
 新型コロナウイルスの勢いは収まる気配もなく、変異型に入れ替わり若い人も重症化するなどその脅威は衰えていません。
 
 そんな中、最善の対策として多くの人がワクチンを接種し集団免疫の効果を高めることが期待されています。
 
今年のクラス会の開催について
  • このような状況から “世界一教養が身につくクラス会”の開催は自粛し
    今年も近況報告の交換だけにいたします。
     
  • 最近のご様子などを同封のハガキでお知らせください。
    皆さまからのご返信お待ちしています。     (期限は6月30日です)
      (メッセージを取りまとめ次第、皆様にお送りします)
 

 

[続きを読む]
post by ホームページ管理 | コメント(0)
22期同期生の皆さんへ。
2020年3月に同年4月5日開催予定の開催延期のお知らせをしました。一年遅れの同じ時期に同様の内容で開催する旨の内容でした。しかし、今のこの状況下ではとても開催可能は難しく断念せざるを得ません。開催時期は未定でもう一度延期のお知らせをしたいと思います。いつか、コロナが落ち着いて同窓会の出来る日が早く来ることを切に願う次第です。それまでくれぐれもご自愛ください。
 
22期同窓会幹事会一同
post by ホームページ管理 | コメント(0)
令和2年12月吉日
級友の皆様へ
 コロナ禍のためにあらゆる会合の中止が相次いだこの一年でした。
 
 私達のクラス会は皆さんからの「それでも何とか!」という強い思いが後押しとなり、近況報告(メッセージの交換)を中心とした開催を呼びかたところ多くの方から寄稿をいただきました。
ご協力をいただき大変ありがとうございます。
 
『 級友からのメッセージ ~疫病撃退祈願 特集号~ 』
としてまとめて級友の皆様にお送りいたしました。
寄せられた肉筆の文面からは
  1. クラス会の再開を待ち焦がれ、友との再会を熱望する気持ち
  2. 体力・体調の異変に、めげずに養生に努める強い決意
  3. 奉仕活動に一身をささげ続ける心の優しい奇特な志
  4. 家族や趣味などを愛して、なおも愛し続ける意気込み
など、より細やかな心情がひしひしと伝わってきます。
 
 感染対策は人と人とを引き離して会話もさせてもらえません。親しい人や 懐かしい友に会いたくなり、話をしたくなるのは当たり前のことです。
 
 今回の疫病神は人の情を逆手にとって私たちに不便や不自由を強いており、今もなお世界中に広がって生き長らえようとしています。
 
 新型と言われるだけに、まるで“人間の本能”を知り尽くしているかのようです。残念ながら、しばらくは人類の脅威となる覚悟がいるかもしれません。
 
 でも“私たちの友情はどのような防疫対策より強し”です。
 
 感染しない!感染させない!新生活様式で“世界一教養が身につくクラス会”が一日も早く再開できることを願っています。
 
 皆様、健康にはくれぐれも気をつけてください。
 そして よい新年をお迎えください。
 世話人  藤岡 藤村 三原 六反田 高田 武田
post by ホームページ管理 | コメント(0)