23期関東・関西合同同窓会

2019年06月05日(水)



高23期同窓会たより
今般 4/11~12日の1泊2日で実施した「平成最後の4月 桜を愛でながらの関東・関西合同同窓会 IN金沢」について次の通り報告いたします。

昨年4月、関東同窓会に、関西から初めて参加させて頂きましたが、その折に、関西のメンバーと合同で開催してみてはとの提案がありました。私の知る範囲のメンバーへの声掛け、また、関東のメンバーにも声がけに協力頂き、関西から13名関東から9名の計22名での初の合同同窓会開催に漕ぎつける事が出来ました。初日は午後 双方から金沢に集合し、ひがし茶屋街での「金箔・箔打ち体験」や老舗三弦店での「三味線体験」に興じ、夕刻には自由行動の皆さんと合流し、老舗料理屋「太郎」で美味しい鍋をつつきながらの懇親会、さらに、お茶屋さんの2階で二次会。翌日はみんなで兼六園・金沢城での花見ののち、「犀川温泉と昼懐石」「市内観光と近江町市場での回転すし」の2グループに分かれ、快晴で満開の桜の金沢を満喫のうえ、夕刻には別れを惜しみつつそれぞれ帰路へ!
卒業後48年ぶりの再会を果たした人たちも多く、18歳の往時にタイムスリップし、話が尽きない本当に楽しい2日間でした。
関西のメンバーの連絡網をもう少し充実して、次回は関西での同窓会を開催出来ればと考えています。本稿をご覧頂いた23期の皆さん、ご賛同いただける方がございましたら、当方までご連絡お願いいたします。  

文責 赤澤聡胤
| post by ホームページ管理

コメント 1 件

  1. 藤井謙芳より

    永らく同窓会のHPを見ていなかったのですが、開けてびっくり玉手箱でした。小生1999年に石川県金沢市にて動物病院を開業し、現在も現役で細々とやっています。23期が金沢に来ていたんですね。東京で活発に同窓会をなさっているとは知っていましたが、金沢に来ていたんですな。
    次回ご連絡いただけましたら、参加できるかもしれません。これを機会にまたよろしく


コメントする