木村謹三先生の想い出

2015年07月23日(木)
中学31期 前川 太市
 昭和12年7月7日に日中事変がはじまりました。当時私は2年生。
数学の木村謹三先生が間もなく応召されました。先生は予備大尉でした。
出発当日、先生は運動場で開かれた送迎会に現れ、壇上でつぎの歌を2度詠じられました。
 
 埋もれ木に華を咲かせて我は征く いくさの庭に立てる嬉しさ

 先生は万歳の声に送られた校門を出ていかれました。これが木村先生を見た最後でした。
先生はその年の12月南京城外の戦闘で戦死されたからです。
上記の歌は木村先生の辞世の歌でした。
合掌
 
| post by ホームページ管理

コメントする